職業体験

  • 2013.03.14 Thursday
  • 16:07

 少し前に商店街の回覧で、地元の高校の職業体験受入可否のアンケートが回ってきました。
職業体験といってもうちではあまりやることないしな・・・うちが選ばれることもないか、と思いながらも、あまり何も考えず受入可としました。
そしてそんなこともすっかり忘れていた先月下旬あたりに、「職業体験について話したい」と高校の先生より連絡があり、その場でいろいろとお話ししました。
その方は社会の先生で、マクドナルドやミスタードーナッツなどのチェーン店は職業体験の受入態勢もできているし、経験もしているが、やはりまた別に地域の大人たちと関わることのできる機会が欲しいのだ、と語る熱い先生でした。「ちょっとだけ」と言いながら、思いのほか話は盛り上がってしまいました。

なぜこの仕事にしたのか、仕事にたいしてどのようなこだわりをもっているのか。またなぜ商店街という場所を選んだのか、地域とどう関わり、地元のアーティストさんとどう関わっているのか、日本のイイモノとどう出会うのか。職業体験と言いながらも、そういうところを子供たちに教えて欲しいし、子供たちも知りたがっている、と言ってくださいました。

そういうことなら喜んで引き受けさせてください、と返しました。
私はまだまだ教えてもらう立場で学ぶべき立場で、経営者としてもピヨピヨヒヨッコ、商店街の中でも新参者。子供たちに教えられることは限られているが、自分の信念や想いを伝えることはできます。

地元の学校の子供たちが商店街という場所と真剣に向き合ってくれる機会であり、また日本のイイモノを伝えていく良い機会だと思います。
そして嬉しかったのは、職業体験は「やりたい」と手を挙げた生徒が参加する仕組みのようですが、商店街での職業体験を希望する生徒が多かったと聞きました。
受入可の店は50以上ある商店街で8店舗のみ。とはいえ、飲食店は忙しいから難しいと思うし、店主が高齢な店も多く、店舗への負担が大きくなると難しいと思います。
でも、生徒さんたちを定期的に受け入れて、地域と学校の交流ができてくると楽しいと思いました。

社会の先生はこうも言っていました。
「うちの学校は、生徒たちで擬似会社を作り、経営方針や営業計画を立てさせ、実際に株なども発行するなどして、リアルな経営体験ができる授業がある。しかし、あくまでもそれは仕組みについて学ぶだけであり、実際の経営や仕事が、その仕組みだけでないもので成り立っているということをもっと学ばなくてはいけないと思う」

まさにそのとおりだと思います。
そんな先生に教わっている生徒さんたち、会うのが楽しみです。

コメント
コメントする








    

selected entries

recent comment

profile

にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。

Twitter

ツイッターはじめました。
【 yanakafuracoco 】

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM