天下布舞と好奇懽楽

  • 2015.05.14 Thursday
  • 10:13

はるか昔、人も獣も妖かしも神も共に暮らしていた。
もちろん、人と人がそうであるように、戦いもあれば憎み合いや差別もあった。
しかし、互いに助け合い高度な文明を築いたこともあった。

やがて、人の力が肥大してくると、伝染病があれば獣を討伐し、不幸があれば妖かしを討伐するようになった。
争いの種や政治を牛耳るきっかけとして神を利用した。
「人」と「人でないもの」に分けられ、人でないものは徹底的に排除されていった。
神々は呆れ果てて天上へと還っていった。
良識のある獣や妖かしは人の姿に変化することで、生き残る術を学んだ。
そうでないものは人を恨み、悪さをするようになった。

いつしか人は「人」と「人でないもの」が共に生きた時代があったことなどは忘れてしまった。
獣も妖かしも「人」として過ごしているうちに、自分が「人でないもの」であったことも忘れていった。
こうして、時は、過ぎて行った。


  *   *   *   *   *   *   


2013年10月。

男はしばらく窓辺に腰をかけて、商店街を見下ろしていたが、部屋に入ってくる気配を感じると振り返ることなく口を開いた。
「猫之介。この地にアジトを構えて何年になるか」
「昭和39年の夏に越してきたので、49年と2ヶ月ちょっとですかにゃ」
猫之介と呼ばれた男は、不意の問いかけに動じることも、何かを確かめることもなく、その問いに答えた。
男は視線を窓の下に落としたまま、小さく頷いた。
「祭りや行事のときは人が増えるものの、やはり厳しいものだな」

男は、いつの時代から現れるようになったか全くの不明だが、猫の作品ばかりを盗む奇妙な盗人で、
鼠小僧が流行った頃は猫小僧、フランスよりルブランの小説が入ってきた頃にはリュパンキャットなど、
その時代によって様々な呼ばれ方をされていた。
しかし江戸川乱歩が執筆した怪人二十面相が少年倶楽部に掲載されはじめた頃から
『怪人猫面相』と呼ばれるようになり、今ではすっかりその名前が定着していた。
時を重ねるごとに増えていく手下たちも彼を猫面相と呼ぶようになり、
男自身も、元の名前がなんであったかなど頭の隅から消えてしまっていた。

遡ること50年ちょっと前。
忘れもしない、谷中の朝倉彫塑館にある猫の像を盗んだ時のことだ。
警察と新聞社にあてた予告状の謎を、大人たちよりも先に解き明かし、男を商店街の中に追い詰めた少年がいた。
それがよみせ通りと呼ばれる商店街にある、アズマ板金塗装の次男坊、東台二郎であった。
(※参照『怪人猫面相エピソード』)

彼はよみせ通り少年少女探偵団を結成し、怪人猫面相を徹底的に追い回した。
この出会いがきっかけとなり、男はすっかりとこの商店街が気に入り、ついにアジトまで構えてしまった。
やがてその少年は大人になっていくが、店が入れ替わっても、老朽化した街灯が新しくなっても、変わらず『よみせ通り少年少女探偵団』は存在した。
男は、本業である怪盗の傍ら、たびたびよみせ通りを侵略しては、少年少女探偵団と対決するということを繰り返していた。

そうやって、気づけば数十年の月日が経っていた。
かつては賑わっていた商店街も、今は人もまばら。
あの頃は元気だった看板娘も、相変わらず元気ではあるが、話しかけるときに耳元で大きな声を出す必要があった。
長くやっていた店は、ひとつふたつと姿を消し、新しい店も出来てはそう時間が経たない間に消えていく。
商店街を支えてきた若い衆は、集まれば「あの店の女が良い」「そこの酒は旨い」などと賑やかに言い合っていたものだが、
最近は集まるたびに「あの病院の先生は良い」「ここの病院の飯はまずい」と病院の情報交換の場と化していた。
とはいえ、商店街のシンボルである延命地蔵尊のおかげか、長寿が多く、
都内の平均寿命を伸ばしているのはこの通りなのではないかと思うほどであった。

「猫面相様、先日の話ですが」
猫之介の声に、猫面相はようやく商店街から視線を外し、振り返った。
「都内で妖かしや獣の姿を見かけるようになったという話ですにゃ。
どうやら、長い諸国放浪の旅を終えた狐太夫百合之介という福狐が、浅草吉原に戻ってきているようで。
その妖力に惹かれて、人里から姿を潜めていた妖かしたちが吉原に集まっているようですにゃあ」
「吉原…?当時こそ江戸の華と呼ばれた場所であったが、今は地名すらも失われている。
前に訪れたときは、華やかだった頃の面影はほとんどなくなっていたのである。
あそこに妖かしの集まる場所があるとは思えぬな…」

猫面相は再び窓の外に視線をやり、窓辺から立ちあがると、掛けてあったマントを羽織り、シルクハットを頭に乗せた。
「猫之介、ちょっと出てくる」
猫之介は察したように身を引き、「いってらっしゃいませ」と頭を下げた。


音羽屋の人力車で日暮里、鶯谷を通り過ぎ、浅草の繁華街のあたりまで来ると、妖気はいよいよ濃くなった。
「縄張りがあるもんで、あんまりこっちに来たことはなかったんですが、こりゃ凄いですねえ」
車夫も気圧されたように足が鈍る。
繁華街を抜けて、吉原の方角を見た猫面相は、息をのんだ。
吉原は真っ赤な壁に覆われて、かつて大門のあったところに、立派な門ができている。
壁の向こうには浅草六区のシンボルであった凌雲閣に似た建物が聳え立ち、その最上階は雲に覆われて見えなかった。

「どういうことだ…」

行き交う人々は異様な建物もとくに気にすることなく歩いている。
どうやら人には見えないようだ。
「門のところまで、行きますか?」
気が進まない様子で車夫は聞いたが、猫面相は「頼む」と促して人力車を走らせた。


  *  *  *  *  *  *  


とある夜、百合之介がいつものように妖かし置屋喜常楼の天空廻廊を歩いていると、バサリと音がして視界の先に黒い影が落ちた。
欄干の上に一人の男が立っている。
百合之介は驚きはしなかった。もともと何事にも動じることはないが、なぜか既視感にも似た心地があったのだ。
前にもこんなことがあったような、既にそうなることを知っていたような不思議な感覚。
猫面の男は、欄干から音を立てずに降りると、シルクハットを胸にあて一礼をした。
「吾輩は怪人猫面相である。無礼とは知りながらも、太夫と直接話がしたく、こうして訪ねてきた次第である。」
「怪人猫面相?盗人の侵入を許すとは、門番や警備隊はなにをしておったのだ」
言葉とは裏腹に、その声は楽しげに弾んでいた。
「謁見願いたいと何度も尋ねたのだが、あの門番は実に頑固である。ならぬの一点張りで」
「頑九郎以外にも突破ねせばならぬさまざまな仕掛けがあっただろうに。よくぞここまで無事に辿り着いたことよ」
猫面相は、シルクハットを頭にのせると肩を竦めた。
「吾輩の手にかかれば、この程度の仕掛けなど容易いことである…と言いたいところであるが」
よく見れば、風にたなびくマントは切り裂かれており、端には焦げ跡があった。
黒い服はところどころ白く汚れて、白い手袋は黒い筋が入っている。
百合之介は声をあげて笑った。

百合之介が天空廻廊を歩くときは、誰も伴につけず、一人で巡るのが常であった。
この場所でこうして誰かと話していること、ましてや一度も会ったことのない怪しげな男が相手など、信じがたいことだ。
鏡衛門が聞いたら腰を抜かす…いや「左様でござりまするか」と意外と平然しているかもしれない。
頑九郎は怒り狂うであろう。目の前の、猫面相と名乗る男を倒すと息巻くかもしれない。
「興味が沸いた。聞こう」
百合之介は扇子をパチンと閉じると、背を向けて部屋に向かって歩み始めた。
最上階の自室に正体もわからぬ者を招き入れること。これもまた、信じがたいことであった。


  *   *   *   *   *   *   


狐太夫百合之介の掲げる野望は『天下布舞』
芸能の力で世の中を平和に楽しく丸く治めようというもの。

そして猫面相の心にあるのは『好奇懽楽』、
未知なるものに大いなる興味と期待を抱き、大人も子供も目を輝かせていた時代の再来。

「吾輩は太夫のように魅せられる芸があるわけではない。妖力もさしてない。
しかし、太夫が想像もつかぬ道を切り開いていくことはできるのである。
互いのできることとできぬことを重ね、新しい扉を開くことができれば、
思い描く世界へとひとつ、近づいていけるのではないだろうか」

百合之介は、大きく頷くと、身を委ねていた真赤な椅子から立ち上がった。

「実に面白い。互いの進む方向が同じ限りは、ともに歩み、そしてともに楽しもうではないか」

猫面相は手を差し出したが、その手袋がひどく汚れているのに気付くと肩を竦め、手袋を外し、再び差し出した。
百合之介は声を立てて笑うと、手を重ね、固く握手を交わした。


  *  *  *  *  *  

2014年8月30日。

よみせ通りが妖店通りへと姿を変えるとき、狐太夫百合之介は一座を引き連れて訪れた。
谷中千駄木と浅草吉原が繋がり、歓迎の宴では人も妖かしも関係なく杯を交わした。
普段は人の姿で過ごす妖かしや獣たちが、本来の姿でひとときの祭りを楽しむ貴重な時間。
まさに、商店街という日常の中に現れた非日常であった。

祭りの翌日、商店街はまるでそれまでのことが幻だったかのような静けさに包まれた。
冷たい雨に濡れる鈍色の商店街。延命地蔵尊の赤い提灯が景色に滲む。
だが、なにかが変わりはじめている。そう思った。

ちょうど、猫面相たちがよみせ通りに棲みついて、50年目のことであった。

怪人猫面相あらわる。

  • 2013.11.17 Sunday
  • 11:27

◆よみせ通りの追跡劇
---昭和36年12月7日夜---
「待てえ!」
寝静まった【よみせ通り】に突如響いた叫び声は、いくつかの商店や家に灯りを点した。2階の窓ががらりと開いて何事かと見下ろす者もあった。
ポケットライトだろうか、橙色の小さな灯りが遠くの方に見えたと思うと、足音と共に声は遠ざかった。
「今の声は、台ちゃんじゃないか」
商店街の会長を務める老人は、隣で編み物をしている妻に呟いた。
坊主頭がポケットライトを片手に黒い影を追っていた。さらに、その坊主頭をオカッパの少女が息を切らせながら追っていた。
商店街に沿って真っ直ぐに走っていた黒い影のマントが大きく靡いたと思うと、角を曲がり狭い路地に入っていく。坊主頭は勢い余って曲がり切れずに大回りして電柱に肩をぶつけながら同じ路地へと突進していった。
「よし、そこは行き止まりだ!」
周辺の地理を知りつくしている坊主頭は満面の笑みを浮かべた。この路地の先には一軒の空き屋があるだけで、あとは石の塀に囲まれている。飛び越えようとも、塀のすぐ向こうにはアパートが立ち塞がっていて屋根にでも飛び移らない限りは逃げ切れるわけがない。
「とうとう追い詰めたぞ、怪人猫面相!」
坊主頭はポケットライトの光を巡らせたが、その光は暗闇に不気味に佇む空き屋を照らすのみで人影はなかった。
「くそ、家の中に逃げ込んだか!」
しばらくするとバタバタと足音がして、オカッパの少女も空き家の前に辿り着いた。
「台ちゃん、ダメよ!人の家に勝手に上がっては!」
少女は家の中に入り込もうとしている坊主頭に声を上げた。
「人ん家たって、空き屋だろ」
台ちゃんと呼ばれた坊主頭は構わずに扉に手をかけた。だが立て付けが悪く中々開かない。そのうちに騒動を聞きつけた大人たちが集まり、通りに野次馬が出来た。
「また台ちゃんか、今度は何の騒ぎだい」
野次が飛ぶ。夜に叩き起こされたという怒りや不快さは全くなく、からかうような口調だった。それに答えようと、坊主頭がギョロリとした目玉を向けた時、駱駝シャツの太った男が野次馬を割って躍り出た。
「げげ、オヤジ!」
坊主頭の父、商店街にあるアズマ板金塗装のオヤジである。
「台二郎、てめぇって奴は!近所の迷惑になるようなことはするなと、あれほど言っただろうに!」
その怒鳴り声こそが近所迷惑であるのだが、野次馬たちは慣れたもので、面白そうに親子の修羅場を見守っていた。オヤジは太い指で坊主頭、台二郎の耳を赤くなるまで引っ張った。
「いててて!違うんだよ、オヤジ。怪人猫面相がそこの空き屋に逃げ込んだ!」
「能面だかお面だが知らないが、そんなことは警察に任せておけばいいだろ!餓鬼が首を突っ込むような問題じゃねえ!」
引っ張られた耳と同じくらいに顔を赤くするオヤジに台二郎は負けじと怒鳴り返した。
「その警察がアテにならないから、俺たちが動くしかないんだろ!」
「たわけが!何を偉そうに!京さんとこの文子ちゃんまで連れ出して、なんかあったらどうするんだ!」
オカッパの少女は呆然と親子喧嘩を見ていたが、自分の名前が出るとハッとしたようにオヤジの腕を掴んだ。
「違うの、違うのよ、おじさん!私が無理矢理ついていったの」
年頃の娘に、ましてや娘のように可愛がっている文子に腕を掴まれて振りほどくわけにもいかず、オヤジは台二郎の耳から手を離した。

その時、ひゅるりと風の動く音がして、野次馬のひとりが「あ!」と空を指した。その場にいた全員が一斉に顔を上げる。
夜空には細い三日月が浮かんでいた。
月灯りが照らしたのは、上へ上へと昇っていく黒い影だった。ひらひらと靡く黒いマント。先ほどまでの騒動が嘘のように静まり返り、野次馬も台二郎もオヤジも、黒い影が暗闇に溶け込むまで空を見上げていた。「不謹慎だが、息をのむほど美しい光景だった」と後に警察に聴取された野次馬のひとりが言ったという。
 

◆怪人猫面相
話は3日前、12月4日に遡る。
怪人猫面相は、一年程前から都内を中心に現れ、猫に関連する美術品を次々と盗んでいた。盗まれた美術品の数はそれほど多くなかったが、実にバラエティに富んでいた。有名な美術館が所蔵する猫の絵画に、政治家が個人的にコレクションしていた美術品、また猫について書かれた有名な文豪の直筆原稿が盗まれたこともあった。
付け加えると『怪人猫面相』という名前は、この奇妙な泥棒が自ら名乗ったわけではない。事前に送りつけられる予告状、いかなる痕跡も残さない華麗な手口、そして煙のように姿を消すという摩訶不思議さが、子供たちに人気の江戸川乱歩著『少年探偵団』に出てくる怪人二十面相を髣髴させ、誰ともなく『怪人猫面相』と呼ぶようになったのだ。
警察が頭を悩ませるのが3日前に届く予告状の存在である。「どこどこの美術館でなになにの作品を頂き候」という丁寧な告知内容ではなく、人を嘲笑うかのような言葉の羅列。明確なのは日時のみで、盗みに入る場所についての記述は、まるで謎かけだった。まずは、この謎を解いて場所を突き止めなくては、大捕り物すらも始まらない。いつもふんぞり返っている署長までもが厳めしい面を歪ませてナゾナゾに取り組んでいる様子は傍から見ると実に滑稽で愉快な光景であった。

【12月7日夜の9時。
雪が解け、春の朝が訪れた。鶯の最初の一声を聞く。
勇ましい猫が高所より鼠をとらえる。美しきかな。】

これは、12月4日に警察や新聞社各社に送られてきた予告状である。謎かけの解読に失敗しては、犯人を捕り逃してきた警察も躍起になった。警察の要請により錚々たる学者や専門家による分析が始まった。新聞社でもこぞってこの予告文を公開したが、とある新聞社に掲載された元諜報員の記事が注目を集めた。

――怪人猫面相の次なる標的は東京国立博物館の表慶館である。鶯は鶯谷駅を示し、春といえば桜、上野桜木町を示す。そして勇ましい猫とはライオン。表慶館のエントランスに立つライオンの像は高台から我々を見下ろしている。鼠とは、春になると桜の下で騒ぐ我々人間を揶揄していると分析する。――
警察は今度こそ逃がしはしまいと警視庁機動隊まで出動させて、12月7日の東京国立博物館表慶館を取り囲むことにした。

さて一方で、台東区の上野中学校、通称上中の新聞部でも、この件について話しあっていた。部長である東 台二郎は、数少ない部員に対し、自らの分析を披露していた。
「鶯の初鳴きのことをなんて言うか知ってるかい。授業でやっただろう、どこかの町名の由来になったって」
「谷中初音町の初音のこと?」
育ちの良さそうな色白の少年、中谷 中が顔をあげた。
「そう!つまり怪人猫面相が狙っているのは、俺が住む谷中初音町にある何かってことさ」
「あそこらへんに博物館や美術館なんてあったでしょうか?」
台二郎は、首を傾げる後輩たちを満足げに見渡した。
「美術品があるところならあるよ、それも有名なところだ」
中は目を見開いた。
「わかった、朝倉先生のところだ。朝倉彫塑塾だね、台ちゃん!」
朝倉文夫先生と言えば、東洋のロダンと言われるほどの彫塑家で、谷中初音町に立派なアトリエ兼専門塾を構えている。東京芸術大学を目指す地元の人間なら知っているはずだ。そのうちの一人である中が知っているのは当然だった。
「さすが中。なら、『勇ましい猫が高所より鼠をとらえる』という意味もわかるだろ?」
「朝倉先生の作品の中に『よく獲たり』という鼠を捕える猫のブロンズ像があるよ。確かに高所から鼠を捕えるような構図ではあるけど…」自信なさそうに中は眉を下げた。「偉い人が東京国立博物館って言ってるしそっちが正しいんじゃないかなあ…」
まっすぐに見つめる台二郎の眼力に負けるように、だんだんと声を小さくなっていく。
「今までの予告状は、文章の中に場所と盗む作品の両方を含んでいた。猫面相は場所も作品も指定した上で盗む、そのスタイルを崩すとは思えない。正解が国立博物館だとすれば、美術品についてのヒントが書かれていないことになるんだ」
「それなら警察に話さないと」
「とっくに話しているよ。でも相手にもしてもらえなかった。子供のお遊びに付き合っている暇はないとね。だから、俺は予告の日の夜に朝倉彫塑塾を張りこもうと思う。一緒に行く者はいないか?」
予告日の12月7日は真冬の夜である。
同行を望む者はいなかった。


果たして、怪人猫面相の予告上の答えは、大人たちが正しかったのか、台二郎が正しかったのか。その答えはすでに出ている。
警察は子供の話に耳を傾けなかったために、再び見事な失態を演じることになり、台二郎とその幼馴染である文子による朝倉彫塑館の張り込み、及び、商店街を賑わせた真夜中の追跡劇へと至るのである。
続きを読む >>

recent comment

profile

にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。

Twitter

ツイッターはじめました。
【 yanakafuracoco 】

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM